• 佐藤 寿子

「LOUIS VUITTON&」での職人インタビューから働き方を見つめて。

皆さん、お久しぶりです。お変わりありませんか?


今年からは私が趣味で訪れているアートやデザインの展示会のレポートを通じて

少しキャリアを考える記事を始めたいと思います!

(それくらい、カジュアルに皆でクリエーションに触れていきたいという思いです✨)


記念すべき第1弾!

先日、原宿にて開催しているエキシビジョン「LOUIS VUITTON&」に行ってきました!

すごく豊かな時間を過ごしました。(5月16日まで開催)

原宿といっても、明治神宮寄りの会場です。


池田亮司さんの実験音楽から始まるインスタレーション。

こちらをBGMにコーナーを周り始めます。



元々、ヴィシー出身だった、ルイヴィトンがパリに出てきて

旅行鞄の職人として名を挙げたところからのブランドストーリー。

新旧の作品が展示されており、リスペクトを感じます。


常に時代に求められるアイテムを追求してきたのだなと

思いつつ、遊び心を忘れないクリエーションは目を見張ります。


ブランドの力を気鋭のアーティストやクリエイターと

コラボレーションすることで、新しい魅力を引き出す。

そういった点に、ブランドのフィロソフィーを感じます。



私は一番長くいたコーナーは

ルイヴィトンのアトリエにいる職人の方へのインタビュー。

↑クラフト厚紙のようなテレビ台、センスいいですね◎


インタビューされている方々は、

バッグや香水、靴部門など様々なセクションに渡っています。


・情熱を持って取り組んでいること。

・何より仕事に熱心で、誇りを持っていること。

・毎日を同じ繰り返しではなく、日々良くするために追求する心があること。

・扱っているアイテム(仕事)に愛着を持っていること。

・伝統を受け継ぎつつ、進化する姿勢を持つこと。


すごく印象的でした。

これって、私たちの日々の生活でも振り返れそうな内容ですよね。

映像も非常に美しくて、フランスを思い出しました。


その後のコーナーは、スカーフ展示や日本ゆかりの

アーティストとのコラボ作品や

ショーのピースもありました。




コーディネートでは、通常、シューズは合わせているイメージです。

ただ、今回は履かせていません。

おそらく、このコーナーでは、

コーディネートや服の持つディテールや素材の魅力に

フォーカスして欲しい強い想いを感じました。

山本寛斎さんへのオマージュ作品もあります。

ビッグメゾンだと、豊かな資金力があってからこそ

色々できるのかもしれないけど、

それ以上にブランドの求めるビジョンや

「モノづくり、クリエイティビティに対してリスペクト」を強く感じて、

非常に面白かったです。

予約はこちらにて。

平日だとゆっくり観れると思います~

閲覧数:5回0件のコメント