• 佐藤 寿子

“どんな仕事が私に合っていますか?”初めての就職活動をスタートする時に考えたい3つの方法。

22年卒対象の採用も本格的にスタートしていますね。

最近だと、大学入学後から色々と考えていく機会も増えているかと思います。

「え、もう就職のことなの?!!」なんて、悲鳴に近い声を感じますが、

早めに動いている学生の方がいることも事実です。


「どんな将来にしようかな」と楽しみながら、マイペースに進められることが

早期スタートのメリットかもしれませんね。

よく聞かれる質問で、

「やりたいことを絞りたい……」

「夢が決まっていないのでどうしよう……」

「私に合う仕事が知りたい!」

があります。


おそらく、これまでの進路(高校や大学進学など)を1つに絞ることが多かったので、

自然とピンポイント的な答えを欲するのかなと思います。


答えは1つじゃないですし、私が全てを答えることはできないですね。

占い師の方でも難しいでしょう。

AIでもできるのか微妙です。

それくらい、将来は不確実性な部分が大きいです。

不確実性を面白がれるといいですね~


ただ、それだけだと辛いので、ヒントを少しでも一緒に考えていきたいと思います!


① 今、何ができるか(CAN)

② 何に興味があるか、したいか(WANT,WILL)

③ どんな力を求められているか(NEED)


ここを書き出してみることです。


CANとWANTはご自分の思いや考えをたくさん書き出して。

NEEDに関しては、

どんな業界(同じ産業に従事する人々の社会)があるか

調べてみること。求められる力を知ることもできると思います。


https://job.career-tasu.jp/2022/guide/study/map/

↑業界MAP(キャリタス就活2022) 

大企業から中堅・中小企業まで32業界約900社を

ひと目でわかる地図形式で掲載しています。


日経の業界マップもいいかもしれません。

https://www.amazon.co.jp/dp/B08FX61KZN/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1


あとは、インターンシップや会社説明会などで

働いている人と出会い、経験を通じて、思い描くこともいいと思います。

合同企業説明会も思いがけない出会いにもつながるので、おススメです。


「仕事は辛い」「人間関係が大変そう」

というイメージを持つ方も少なくないようですが、

実際やってみると、色々と得ることや、視野も広がります。

「こんな人になってみたいな」「こういう仕事もありだな」など

経験を通じて色々と考えが出てくると思います。


将来の選択に有利だから、と同じような業界を受けるだけでなく、

興味があることや好奇心を優先してもいい気もします。


学校内に掲示のあるインターンシップ制度や、企業サイト、

就活サイトにもインターンシップ情報は多くあるので、見てみましょう。

マイナビや、wantedlyなど多くありますね!


加えて、1日など短期間のインターンシップの中には、

単に企業の説明会になってしまっているケースもあるので

内容を確認してから応募しましょう。

応援しております!!


閲覧数:4回0件のコメント