• 佐藤 寿子

在宅でできる仕事に就きたい。ひとつの考えとして、デザイナー。叶えるには?

正解を求めている方が多いかもですが、「まずはこんな方法もあるよ」という感じの情報提供になります。 尚、安直にデザイナーを勧めている訳でもないですが、やってみたいと思っている方が少なくないと思いますので、今回選んでみました。

これまで多くのクリエイター支援をしてきたキャリアコンサルタントとして感じることは、今の状況で、現役デザイナーの在宅勤務率が高いこと。

確かに、場所を問わずにPCに向き合えればできる仕事ではありますね。ただ、アイディアを出すお仕事なので、ずっと家がいいかは置いておいて。

これからの生き方を考える上で元々クリエイティブに興味があって、「やってみたいな」と思う方も出てきたかなと感じています。デザイナーって設計者という意味でもあります。

また、私個人としては、専門の学びをした人だけがデザイナーになる資格があるとは思わないので、やってみたいならできるところからチャレンジしてみた方がいいかなと思っています。

これは主婦の方もそうですし、文系や理系の学生さんでもそうです。誰にでもチャンスはあります。今後、デザインを経営資本だと考えている企業も増えていくと思うので。企業内のデザイナーも増えていくと思います。

インテリアデザイナー、2Dデザイナーといったイラストレーター、ファッションデザイナー、様々なデザイナーがありますが、今後のことを考えるとWEBデザインができるグラフィックデザイナーが強いかなと個人的には思っています。皆さん、WEBを見ない日はないでしょうし、求人もWEBデザイナーやグラフィックデザイナーは多く見ます。 では…少し考えてみましょう!

・どこで学ぶ? デザイナーになる方法は、色々とあります。大学や専門学校に行くこと(学校によっては、教育訓練給付対象の講座もあり)や、オンラインスクール、求職者支援訓練(失業者対象の国の教育訓練)もありますね。独学でなる方もいますけど。最近だとYouTubeなどで学ぶ方もいます。(いい時代になりましたね)

尚、教育訓練給付だと、特定一般教育訓練という給付率UPのものもあります。是非確認してみてください。


※特定一般教育給付:平成30年6月に「人づくり革命基本構想」などで「ITスキルなどキャリアアップ効果の高い講座を対象に給付率を2割から4割に倍増する」とされたことを踏まえ、労働者の速やかな再就職と早期のキャリア形成に資する教育訓練として新設されたもの。 ・押さえておくべき、ポイントは? 金額感はもちろんですが、先生の指導方法や学ぶ内容、学校だと無料職業紹介所(無料で求人票が見れるキャリアセンターですね)の有無、求人の紹介の幅も気になるところ…国の教育訓練だと求人紹介がハローワークになります。サイトで確認するといいかもですね。支援してくれる人も大切なので、オープンキャンパスや体験などはオンラインでもいいので必ず受けてみてくださいね。 食えるデザイナーになるには、 「デジタルスキルの指導をどこまでしてくれるか(自分がちゃんとできるか)」 illustratorやPhotoshopは使えないと就職活動のステージに乗れません。基本的操作の説明は会社もイチからはできないので…

「就職活動の際のポートフォリオ支援がどこまでされているか」 食えるデザイナーになるには、この2点を重視したいなと思います。 といいますのも、就職活動では、「履歴書+ポートフォリオ(PF)」これ絶対なんです…PFの詳細はまた追々することにしますが、これらがクリエイティブ業界へパスポートなのです。学校での課題を入れる方法もありますが、個人で制作したものや、コンペティションに出したものまで様々。 どこまでの支援があるか。も大切ですが、それ以上に自分がどこまで作れるか(熱中できるか)。も重要だと思います。

学校の求人紹介もさることながら、求人サイトも業界別だと結構色々あります。また、アルバイト→正社員の道も割とあります。

アルバイト先での経験と学びが融合されていい循環になりますよね。今だと、オンラインで登録できるポートフォリオサイトも多くできているし、そこから会社のオファーがあることもありますし、チャンスはあると思います。


ポートフォリオサイトの一例

ビビビット

Re:designer for Student


他にも、マイナビクリエイターでも「便利すぎる!ポートフォリオ作成サービス8選まとめ」がありました!ご参考まで…

ただ、上記に加えて、日々の基本的な鍛錬は必要ですね。 今だとオンラインで世界中の美術館が巡れたりするので、そういった感性を磨いたり、デッサンや配色の基礎など自分でできることは好奇心を持って楽しみながら学んでいけるといいんじゃないかなと思います。

「好きこそ、ものの上手なれ」ですね!応援しております!!

閲覧数:21回0件のコメント