• 佐藤 寿子

外に答えを求めすぎない。

9月に入りました。 少しずつ、夏から秋へと季節が移ろい始めました。 体調を崩さないように気を付けてくださいね。


さて。最近、受けた印象をシェアしたいと思います。

企業での人事育成や新規プロジェクトに際しての課題や、 個人で向き合うことに共通していることがあるなと 感じています。


タイトル通り、「外に答えを求めすぎない」の部分があるかなと。 安易に組織や個人の問題解決のために、安直な方法を取っていないか? と自ら問いかけて欲しいと思っています。

例えば、「リーダークラスのメンバーにはこうなって欲しいから、 いい外部研修ありませんか?」ではなく、現状の把握をまずすること。 なぜ、今リーダークラスのメンバーはそうなれないのか、 単純にやる気の問題なのか、やる気を阻害している要因は何か、 職場環境に問題はないのか? 解決できる方法としては、外部研修で解決できるのか? ただ、単に人事部が安心したいからそうしたいのか?など。

因数分解をするように詳しく見ていく必要がありますよね。 その際に、内部と外部の環境要因を分けて考えてみること。 そして、自社でできることを着実にやってみて、 課題抽出後に外からの力を借りた方が 1000倍意味があることにつながると思います。

新規プロジェクトもそうですね。 何をコンセプトにどう展開したいか企業内で話し合ってから 発信していかないと軸がぶれやすくなります。 外部にアドバイスを求める前に自社内で整理をしていくことをおすすめします。

また、個人においても「〇〇したいけど、××できない」というギャップが 悩みにつながることが多いかと思いますが、 その「〇〇したい」は、なぜそうなのか?少し深掘りして考えてみましょう。

何か理想があって、その理想を体現している人を見ると 羨ましく感じて悩みになっているのか、 もしくは、「〇〇した方がいい」と自分に強いてしまっているから そう感じているのか?など色々ありますね。 これも軸が自分ではなく、他人比較という部分から出てきていることだとも言えます。 では、自分とは何か?自分らしさって?と考えていくことになりますが、 自分で自分のことを全て分かることは難しいことも事実です。 ただ、まずはこれまでの出来事や心の動きなどを観察し、 ノートにまとめて客観的に把握する方法などをして整えてみることも ひとつ有効な方法だと思います。 その後、カウンセリングなどを利用するとより効果が発揮すると思います。 もちろん、まずはカウンセリング!でもOKです。

閲覧数:1回0件のコメント