• 佐藤 寿子

挨拶をしましょう!

キャリアでも何でもないことですが、ずっと感じていることがあります。

「挨拶」についてです。


挨拶は何であるか分かります??

「マナーだから」という声が一番に上がるような想像をしますが、

「自分の存在を相手に伝える」からだと思っています。


声を上げることで口角も上がって

お顔のリフトアップ効果がありますし、表情も明るくなります。


挨拶されて嫌な気持ちになったことってあります??

ないですよね。やって、損はないと思います。

もしかしたら、

声を掛けていいのかなと遠慮している方もいるかもしれませんが……


「人を動かす」の著者、デール・カーネギーも

「人に好感を持たれたければ、誰に対しても挨拶をすることだ。

挨拶ほど簡単でたやすいコミュニケーション方法はない」

と明言しています。


好感度を上げるということより、私の場合はおそらく留学時代の影響でしょうね。

いつでも「ボンジュール」、「メルシー」など気軽に声を掛け合う文化は

すごく感じがいいなと思っていたので習慣化したのでしょう。


ですので、無言でお店に入ることには結構抵抗があります。

スーパーなど人が大勢のいるお店は入った時にお店の方がいないので

挨拶できないのですが……


私は、レストランや、洋服屋に入る時など

お店の方と顔を合わせる場合、必ず挨拶をして入ります。

その方が相手も気持ちいいと思いませんか?


今は、コロナ下の生活なので、

なかなか声を出しにくい生活だとは思いますが、

まずはできることから。

入る時、出る時に「こんにちは」「ありがとう」と声を掛けることは

いかがでしょうか?


普段からしていることが、とっさの時に出ます。

手軽な習慣を身に付けましょう♪

閲覧数:3回0件のコメント